orange bitter chocolateの
モノコトつれづれ
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
朝食〜散歩〜神農街へ(台南2日目)
 台南2日目の朝食は台南孔子廟近くの
 歩いていける福記肉圓へ。
 
 台南の肉圓(バーワン)は皮に米粉を使い
 油で揚げずに、蒸してあるので、あっさり味。

 中にはゴロッとした豚肉が入っていて、
 餡は甘めでピリカラな味でした。
 
 セロリと香菜の入ったスープ付き。
 肉圓の餡は甘みが強く、私はちょっと
 好みではなかったかな・・・。

 食後はあたりを朝の散歩。
 緑が多くて散策にはぴったり。
 でも朝から暑い〜!

 珈琲を買って、ホテルへ戻り國華街方面へ。
 人も多く、バイクが狭い道を走りぬけて行き
 混雑しています。かなり活気があります。
 お昼は石精臼蚵仔煎に。

 台北でも食べたカキオムレツの蚵仔煎と
 香敞單鬚箸いδ蚤、エビ、豚肉、筍の
 入ったスープご飯に。

 ここの蚵仔煎は牡蠣もたっぷり、モヤシも
 入っていてシャキシャキで美味しい。
 
 スープご飯は、小どんぶりくらいの大きさ
 ですが、スープがあっさりしていて、具沢山。
 これもとっても美味しいです。
 
 お昼ご飯の後は、台南駅近くの新光三越へ
 方面へ行ってみたり、うろうろ。
 デザートには裕成水果へ。
 
 他のお店より値段が高い(170元)ですが
 ボリュームもマンゴーの量もすごいです。
 旅で一番美味しかったマンゴーかき氷でした。
 その後は神農街へ。

 神農街は廟につながる参道だそうで
 古い建物が並んでいて、夜になると
 ライトアップされてきれいなんだそう。
 
 昼間はお店も閉まっていて、歩いて
 いる人もまばらでした。
 炎天下の中、歩いてホテルまで帰った
 のが悪かったのか、少し脱水症状ぎみに。
 夕食まで休憩です。
 
タビ2015 タイワン 台北&台南 comments(0) -
台南の夕食(台南1日目)
 雨がなかなか止まない中、夕食へ。
 海安路あたりは台南名物の食べ物屋さんが
 けっこう並んでいます。
 
 食べてみたかった魚のスープ。
 阿川紅燒魚土魠魚羹というお店。

 土魠魚という白身魚のから揚げが
 とろみのあるスープに入っています。
 土魠はサワラのような食感の魚。

 カリカリ衣の魚が醤油ベースの
 スープに絡んでとても美味しい。
 スープには麺も入れられるようです。

 その後、保安宮の向かいにある
 嘉義火鷄肉飯へ。
 七面鳥のお肉の鷄肉飯のお店。

 火鷄肉飯、貢丸湯、小皿は干し豆腐
 と昆布をあえたもの。
 火鷄肉飯、しっとりして、柔らかでした。
 ご飯にしみ込んでいるタレも美味しい。

 ホテル向かいの林百貨のライトアップ。
 夜、たくさんの人がこの角度から
 写真を撮っていました。
 
タビ2015 タイワン 台北&台南 comments(0) -
擔仔麺〜林百貨(台南1日目)
 國華街はせまい道路の両脇に
 いろいろな台南の食べ物やさんが
 立ち並んでいて、バイクもすごい数。

 とりあえず、どんなお店があるか
 チェックしながら、うろうろ。
 少し食べ足りない感じだったので
 擔仔麵を食べに赤崁擔仔麵へ。

 擔仔麵は台南名物。度小月が有名ですが
 こちらにしてみました。
 お店はとてもキレイでインテリアも
 洗練されています。

 まずは、肉臊飯の(小)と筍。
 肉臊飯、脂身が多い部位ですが、見た目
 よりもあっさりしていて、予想外の美味しさ。
 筍も旬だったようでサクサク!
 
 擔仔麵はにんにく少なめであっさり味で
 無難な感じ?の味でした。
 ゆったりしていて、ゆっくり食べるのには
 とても良いお店です。

 そろそろチェックアウトのできる時間、
 暑さで疲れてきたのでホテルへ。
 と、その前にホテルの向かいの
 林百貨を覗いてみる事に。

 林百貨は1930年代に建てられた百貨店。
 2014年に新たにリニューアルして
 雑貨や洋服など台湾メイドの物を置いて
 いるお店だそう。建物も創業当時の姿
 を再現していてレトロなインテリア。

 4Fにある林咖啡でひと休み。
 りんごのスムージーとフルーツ添えのプリン。
 台南はなぜかプリンが流行っているのか
 いろんな場所でプリンを売っている
 お店を見かけました。

 「フーワードホテル台南」はこじんまり
 していて、部屋のインテリアもシンプルで
 よい感じ。スタッフの方々もとても親切。
 
 部屋で休んでいると急に雷がゴロゴロ
 雨が降ってきました。

 少し休憩して夕食へ。
 
タビ2015 タイワン 台北&台南 comments(0) -
台南へ(台南1日目)
 今日は移動日。朝9時の新幹線で台南へ。
 朝食は、昨日と同じ「世紀豆漿大王」で。

 鹹豆漿&焼餅加蛋、鹹豆漿&蛋餅です。
 焼餅加蛋はふんわりしたパイ生地
 のようなパンに玉子焼きが挟んであります。
 この焼餅もとっても美味しかった!

 CH HOTEL(西悠飯店)、お部屋は少し狭い
 ですが、立地もよくて快適なホテル。
 チェックアウトして、タクシーで台北駅へ。

 新幹線に乗る前に食べたかった
 台鐡便當を買いに台鐵便當本舖へ。
 
 3種類の駅弁があるのですが、平日の
 朝だったからか、1種類しか売って
 いませんでした。懷舊排骨便當(60元)
 朝食を食べたばかりなので、1つ購入。

 排骨と煮玉子、湯葉?干し豆腐?を
 甘辛く煮たもの、高菜のような漬物
 が入っていました。シンプルながら
 ボリュームのある排骨が美味しい!

 新幹線は日本とほぼ同じで快適!
 風景を眺めている間に、あっと
 いう間に高鐡台南駅へ到着。

 ここから渡り廊下でつながっている
 沙崙駅から台鐡に乗り換えて台南駅まで。
 ここでも台北の悠遊カードが使えました。
 
 台南、台北と暑さが違う感じがしました。
 フーワードホテル台南(台南富華大飯店)
 まではタクシーで。チェックインの
 時間まではまだ時間があるので、
 荷物だけ預かってもらい散策へ。

 お昼どき、あまりに暑いので、歩いて
 いる人はあまりいません。日陰を
 探しながら、お昼を食べに、國華街へ。
 
 このあたりは小吃と呼ばれる台南の
 美味しいお店が集まっています。まずは、
 中華風バーガーと言われる阿松割包へ。

 蒸しパンのような生地のパンに
 豚肉と酸菜という酸味のある漬けものが
 挟んであります。(1皿で2包)
 普通包(脂身が多い肉)、痩肉包(赤身肉)、
 豬舌包(タン)の3種で普通と豬舌に。
 
 ソースはピーナツソースのような感じ。
 けっこうボリュームがあり、お店を
 はしごするのであれば、1皿でいいかも。
 
タビ2015 タイワン 台北&台南 comments(0) -
夕食は魯肉飯(台北2日目)
 その後は中山にある「台北當代藝術館」へ。
 赤レンガの建物は、日本統治時代は
 小学校だったそう。現代アートの展示や
 ミュージアムショップ、カフェなど。
 
 もう一度、
迪化街に戻り、午前中に
 行けなかったお店などを見て散策。

 爐鍋咖啡でひと休み。
 小藝埕の2Fにあるカフェで、ゆっくり
 落ち着けるお店でした。

 夕食は雙連の寧夏路近くの「三元號」へ。
 頼んだのは魯肉飯、小皿の豆干海蔕魯蛋、
 魚翅肉羹。
 
 小皿の豆干海蔕魯蛋は干豆腐とコンブ、
 ゆで卵の滷味。つまみに良いです。

 ここの魯肉飯は、赤身のそぼろ状で
 かなりあっさり。個人的には角煮タイプの
 プルプルな魯肉飯が好きですが
 さっぱり系が好きな方にはオススメです。
 とても安くて魯肉飯の小は20元。
 
 魚翅肉羹はフカヒレと豚肉のつみれ、
 筍、椎茸の入ったとろみのあるスープ。
 具だくさん。これは美味しい。
 お店の方もとても親切でした。

 デザートは寧夏路夜市の向かいあたりに
 ある「豆花荘」へ。このエリアでは
 「古早味豆花」が有名お店ですが、
 かなりの行列だったのでこちらへ。

 冷たい豆花。トッピングは紅豆(あずき)
 と芋圓。甘さひかえめでシロップが
 少し焦がした感じで香ばしいです。

 2Fに冷房のきいたテーブル席がありました。
 
タビ2015 タイワン 台北&台南 comments(2) -
小籠包&かき氷(台北2日目)
 お昼は美味しい小籠包とのうわさの
 「諭郷鮮湯包」へ。南京復興駅から
 炎天下の中歩いて、たどりつくと、
 なんと!臨時休業でした(悲)
 
 どうしても小籠包モードだったので
 歩いていけそうな「犁園湯包館」へ。

 まずはビール!と上海小籠包。
 XO醤雙魚炒飯、酸辣湯をオーダー。
 
 上海小籠包はノーマルな味でスープもたっぷり。
 炒飯は鮭が入っていて、お米もパラパラ
 で美味しかったです。酸辣湯も具沢山。
 調味料や生姜、漬物などはセルフです。
 お店の人も親切でした。

 その後は雙連まで戻り人気の「冰讃」で
 マンゴーかき氷を。芒果牛奶冰。
 
 実は一番人気の芒果雪花冰と間違えて
 普通の氷の方を注文してしまったのですが、
 こちらも十分美味しかったです。
タビ2015 タイワン 台北&台南 comments(0) -
迪化街(台北2日目)
 朝ごはんのあとは、歩いて迪化街へ。

 まだ午前中なので、開いている
 お店は乾物や漢方薬のお店くらいで
 行ってみたかった、「你好我好」も
 まだシャッターが閉まってました。

 南下して永楽市場そばの「小藝埕」
 に入っているお店へ。

 古い建物をリノベーションして、
 雑貨屋、カフェうつわ屋など、素敵な
 空間にいろんなお店が入っています。

 その中で「民藝埕」という細長い
 町屋のような建物に入っている
 うつわのお店「台客藍 Hakka blue」
 で自分用のお土産を。

 その後、また北上して、Hanakoに載って
 いた「永興農具工廠」で竹のターナーや
 カトラリーを購入。竹製のトレイなど
 シンプルで普段使いできそうなものが
 たくさんありました。
 
タビ2015 タイワン 台北&台南 comments(2) -
朝ごはん&雙連朝市(台北2日目)
 2日目の朝は今回の旅で必ず!
 と思っていた、朝ごはん屋さんへ。
 鹹豆漿と蛋餅を食べに、朝7時頃、
 雙連駅近くの世紀豆漿大王へ。

 駅近のこじんまりしているけれど
 行列が絶えないお店でした。

 外帯(持ち帰り)が多いので
 すぐにテーブルに座れました。
 日本人をわかるとメニューと
 メモ帳を渡されます。それにメニュー
 番号と数量を書いて渡します。

 ここの鹹豆漿、あっさりして
 とっても美味しかったです。豆乳が
 酢の作用でおぼろ豆腐のようになり
 体に優しい味でした。油條やネギ
 ザーサイなどが入っています。
 
 蛋餅も外側カリッと内側もっちり
 軽い食感。毎日でも食べたい味!


 食後は目の前の雙連朝市をブラブラ。
 1本道の両側にいろんなお店がズラリ。
 野菜やフルーツのお店が多いです。
 
 雙連駅周辺は美味しいお店も多く
 どこへ行くのにも便利な場所でした。
タビ2015 タイワン 台北&台南 comments(2) -
寧夏路夜市(台北1日目)
 午後2時頃、台北到着後、ホテルへ。
 CU HOTEL(西悠飯店)は寧夏路夜市の
 すぐそばにあり、雙連駅までも徒歩10分
 かからないくらいです。部屋はカジュアルな
 雰囲気。窓のある部屋だったので
 明るさも十分。今回は立地が最優先。
 
 荷物を置いて、台北駅へ行き、あさっての
 台南行きの新幹線の切符を購入しました。

 雙連駅まで戻り、赤峰街を散策。このあたりは
 新しいカフェやインテリアショップなど
 小さなお店があります。気になる排骨飯の
 お店はシャッターが閉まっていました(悲)

 夕方近くになり、早め寧夏路夜市へ。
 この夜市に行ってみたくて今回
 近くのホテルにしました。

 まずは蚵仔煎を食べよう〜と
 数軒の蚵仔煎のお店の中で、まだ
 行列の少なかった「蚵仔煎大王」へ。
 蚵仔煎2つと蛤仔湯を注文。

 上にかかっているソースもそれほど
 甘めではなく美味しかったです。
 蛤のスープは蛤たっぷり。


 寧夏路夜市は夕方から沢山の人であふれ
 人気のお店はすごい行列!地元率高い
 人気の夜市なんだと実感。
 
 食べたかった「方家」の鶏肉飯。
 あっさりして鶏もやわらか。
 
 もうすでに、この時点でお腹いっぱいに
 なり、一旦ホテルで休憩することに。
 
 8時頃、夜市へ戻り、入口近くの大行列の
 飯糰(おにぎり)の屋台へ並びます。
 10分くらい並んで購入。その後は
 炒米粉、花枝羹(イカのとろみスープ)を
 食べましたが、これはイマイチでした。

 飯糰はこんな感じ。お米はもち米で
 中に高菜、油條(揚げパン)、
 肉鬆(デンブ)などが入っています。

 大きさは女性の握りこぶしくらい?で
 しょうか。カリカリの油條が意外に
 もち米に合いました。
 
タビ2015 タイワン 台北&台南 comments(0) -
旅行準備 編
 旅行を決めたのがもう1ヵ月切る
 ぎりぎり。まずは飛行機のチケット
 をネットで確保(羽田〜松山 往復)
 
ホテル
 
 台北2泊→台南3泊→台北1泊
 というスケジュールにしたので
 ホテルは3か所予約。

 台北2泊(CU HOTEL MRT雙連駅)
 台南3泊(Fu Ward Hotel Tainan)
 台北1泊(Park Taipei Hotel MRT大安駅)

 希望のホテルが1つの予約サイトですべて扱って
 いなかったので、台北ナビ、Booking com、
 楽天トラベルでバラバラに予約しました。
 台北ナビ以外は現地払いです。

----------------------------------------------- 

参考本) 
 4年ぶりの台湾。かなり現地情報も
 変化がありそうなので、ガイド本、
 食べ物本など数冊購入しました。

 「歩く台北」「台湾行ったらこれ食べよう!」
 「台湾一周!安旨食堂の旅」
 「オモロイ台南」「わたしの台南」。
 台南ははじめてなので、台南本2冊は
 とても参考になりました。

 今回は台北、台南の小吃をいろいろ食べたい
 というのが目的なので、食べ物本がほとんど。
 Hanakoの台湾特集は買っていなかったのですが
 やっぱり買おう、と羽田の本屋さんで購入。

----------------------------------------------------

その他
 出発前に申し込んでいたのは悠遊カード。
 MRTやコンビニ、スーパーで使える
 便利なICカードです。

 ちょうど7/1から台湾観光局で
 悠遊カードのプレゼントキャンペーン
 が始まったのでHPから申し込みました。
 50元入金済み。

 現地でもストレスなくスマホを使い
 たかったので、モバイルルーターを
 レンタル(グローバルWiFi)
 AC充電器も2台持って行きました。
 
 台湾に着いてから、一応松山空港で
 フリーWi-fiのTPE Freeも登録。

 あとは、ローカルなお店で困らない
 ように、食べ物、メニューがだいたい
 どんな料理かわかるようにみっちり
 勉強?しました。以上、準備編でした。
 
タビ2015 タイワン 台北&台南 comments(2) -
| 1/2 | >>